記事一覧

“日本ならではの美と技”。煌めき、ときめく、アートジュエリーの世界へ「日本のアートジュエリー展」

日本ならではのジュエリーを生み出す作家、工房、ジュエラーを一堂に紹介する「日本のアートジュエリー展」が日本橋三越本店で始まった。



一世紀を超える歴史を持つ三越の宝飾品では、昨年初めて「日本のアートジュエリー展」を開催した。西洋のジュエリーとは異なる魅力をもつメイド・イン・ジャパンのアートジュエリーは、多くの人を魅了。ブレスレット 作り方今年はさらに規模を拡大し、伝統、革新、独創性を兼ね備えた日本発ジュエリーの未来を創造するアーティスティックな世界が繰り広げられている。



夏椿(ナツツバキ)ブローチ&ペンダントトップ 税込114万4,800円 / 三木稔


今回は、本展に参加する作家たちへクリエーションの源や見どころについてインタビューしたレポートをお届けする。


エナメル技法をもちいて作品を手掛ける作家・村松司氏は「自然界のなかにある植物や動物、それらの生命力をテーマにしている。そこに存在する美しい色をエナメル技法と石の輝きで表現している」と語る。ステンドグラスのような輝きが美しい蓮の葉を始め、かわいい姿の蛙やてんとう虫などチャーミングな作品がずらり。村松氏は「一瞬の盛りをきりとって、見る人に感動を与える作品を作り続けたい」と話す。



小さきものへの愛があふれた村松司氏の作品。左上時計回りにベニテングタケ、カエル、チェリー

雅趣にとんだ世界を表現する大倉堂の代表・大倉仁氏。「春といえば桜、冬は寒椿のように、自然とともに生きる日本人だから沸きでるイメージがある。花を照らす月の光、寒椿に落ちるひとひらの雪のような、常に情感を作品へと落とし込みたい」と語る大倉氏。日本の伝統工芸である漆を取り入れている点にも注目をしたい。


【関連記事】:時計、バッグ、財布など海外ブランド類激安通販。

コメント一覧

ミニ財布が人気のシャネル URL 2021年09月10日(金)11時49分 編集・削除

ミニ財布が人気のシャネル!なかでもシャネルのシリーズからはニューカラーが続々とお目見え。

秋冬服の流行 URL 2021年09月10日(金)17時01分 編集・削除

秋冬服の流行はこれが正解!30代が着るべき最旬トレンドコーデ3選【2021-2022秋冬レディースファッション】