記事一覧

セカンドシーズン始動! The Pumpテクノロジー搭載モデルが満を持して登場

グローバルフィットネスブランドのリーボックは、2020年春夏より、ファッションブランド「VAINL ARCHIVE(ヴァイナル アーカイブ)」の大北幸平氏をデザイナーに迎え、アパレルアイテムを軸にしたスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」の発売を開始しました。今作は春夏のファーストコレクションに続く、セカンドシーズンのコレクションとして、リーボックのポンプシリーズより「PREMIER PUMP PARIS(プレミア ポンプ パリス)」および、秋冬仕様に仕立てられたアパレルアイテムを、2021年8月28日より順次発売いたします。


セカンドシーズンとなる今作では、リーボック独自のフィッティングテクノロジーである「The Pump(ザ・ポンプ)」テクノロジーを搭載したモデル「PREMIER PUMP PARIS」が満を持して登場します(写真、9月18日発売)。本モデルは、2007年にランニングシューズとして発売され、流線型のスタイリッシュなデザインとスポーティーなカラーリングの見事な融合で、当時人気を博しました。本コレクションにおいて、大北氏が掲げる”違和感”を創出するために、「PREMIER PUMP PARIS」にも異素材の組み合わせ”が施され、ユニークな風合いを漂わせた1足に仕上がっています。さらに、今年発売から35周年を迎える「CLUB C(クラブ シー)」もコレクションにラインアップし、後日発売予定となっています。


また、今作のアパレルラインでは、ブラック、グレー、グレープの3色を基調としており、ブランドを象徴する“ベクター”ロゴが大胆にデザインされています。2000年代前半に使用されていたロゴが使われているのもファーストシーズンとは大きく異なる点であり、中綿(プリマロフト(R))入りのジャケット、フリース、コーチジャケット、アノラック、フーディなど、秋冬仕様に仕上げられたアイテムが多数展開されます。


2021年の春夏シーズンから始動した『Reebok eightyone』コレクションのデザインは、「過去と現在を含め、数あるリーボックのプロダクトの中において、”違和感”を出すことが一番の目的だった」と大北氏が語るように、「VAINL ARCHIVE」のモノ作りの根幹である「生地、色、シルエットの組み合わせの中に潜む“違和感”」を踏襲しています。前作で基調としていた、グレーやブラックのカラーに加え、今作では深みのあるグレープのカラーが追加されています。リーボックでは珍しい都会的な雰囲気を演出し、ひとつのアイテムに異素材を用いて立体感を出すなど、シンプルでありながら、極めて個性的な仕上がりとなっています。

『Reebok eightyone』は大北氏の手によって、見事にスポーツとファッションが融合したコレクションであり、リーボックが彼とともに提案する新たなスポーツミックスのスタイルです。ファーストコレクションに続き、今作のビジュアルも、国内外で注目を集める、NYを拠点に活動するフォトグラファー、小浪次郎氏により撮影されました。


ファッションやそれをとりまくカルチャーが常に世界から注目を集めている都市、“東京(日本)”という街において、「世界から俯瞰して見た“東京(日本)”を、世界に向けて発信する」というコンセプトの基、本コレクションのプロジェクトが立ち上げられました。日本から世界へ、世界から日本へ向けたインターナショナルコール(国際電話)も、飛躍的に増えることが予想されることからも、本コレクション名は“東京(日本)”のダイヤルコードである“+81”から命名されました。リーボックは、大北氏とともに提案する新たなスポーツミックスのスタイルとして、スポーツとファッションが融合したを、世界に向けて発信していきます。



1976年生まれ、東京都出身。2009年に自身のブランド「VAINL ARCHIVE」を立ち上げ、日本を代表するファッションブランドとして国内外で注目を集める。2018年には、自身がオーナーを務めるギャラリー兼コンセプトショップの「SALT AND PEPPER(ソルト アンド ペッパー)」をオープン。これまでにリーボックとVAINL ARCHIVEのコラボレーションとして、CLUB C(クラブ シー)とDAYTONA DMX(デイトナ ディーエムエックス)のデザインを手がけている。

ブルガリの2021年バレンタイン、蛇モチーフ×ロマンティックカラーのバッグやミニ財布

ブルガリ(BVLGARI)が、2021年バレンタインギフトに向けたアクセサリーやジュエリー、ウォッチなどを販売する。

バレンタインに向けた新作アイテム
愛に溢れる季節を祝して、ブルガリのアイコン「セルペンティ」コレクションからロマンティックなムードの新作アイテムがお目見え。

“ロマンティックカラー”のレザーアクセサリー

注目は、クロスボディ ミニバッグやミニ財布、ブレスレットなどが揃うレザーアクセサリー。深みのあるアマランス ガーネット レッドや、青みがかったマゼンダ スピネル パープルに彩られた、華やかなビジュアルが目を惹く。またシリーズの象徴となるスネークヘッドも、ボディと同色で統一しているのも印象的。きらりと輝く漆黒の瞳は、上質なブラックオニキスで魅惑的に表現した。

スネークモチーフの煌めくジュエリー

ジュエリーシリーズのおすすめは、繊細なチェーンに絡みつく蛇をモチーフにしたネックレス。その美しい曲線美に、繊細な煌めきを放つデミパヴェダイヤモンドを組み合わせた、ラグジュアリーな表情が魅力的だ。またヘビ特有のくねりや、鱗が持つ官能的な美しさを表現したリングや、赤みのあるルベライトの瞳が輝くブレスレットも登場する。

新作ウォッチも

バレンタインに向けたウォッチもチェック。ドロップ型のヘッドに、ヘビの鱗を連想させる六角形モチーフのベルトを合わせた「セルペンティ セドゥットーリ」ウォッチや、ヘビが腕にぐるりと巻きつくようなフォルムを持つ「セルペンティ トゥボガス」ウォッチといった人気モデルから、華やかな新作がラインナップする。